中国二期会講習会に行ってきました。

昨日、中国二期会の講習会があり、会場の岡山大学に行ってきました。
風邪で体調不良のため、主人に運転してもらい、高速を使わずに行きました。

主人の出身大学ということもあり、私まで懐かしい気分になります。

昨年も、同じ会で、会の友達が車のバッテリーを上げてしまい、JAFを
呼んだことを思い出します。いろんなことが良い思い出になっていきますね。

さて、今回は日本歌曲の中村健先生の講習会でした。
中村健先生のお名前は、私が学生の時、習っていた先生の研究室の日本歌曲全集という
レコード集に載っていた名前であり、後にそれが、CD化された、その人であります。
そして、現在、東京二期会の理事(というのだろうか)であり、毎年、春の総会、会員オーディションにお顔を出してくださいます。

中村先生のお名前を拝見して、無謀にも会員オーディションを2回ほど受けまして、
落ちました (現在は、準会員

自分でも無理だと思いつつ、主人の転勤があって、会員であれば、のちに関西二期会に移れるし・・・なんて利便性を考えて受けたのですが、ははは

今となってみれば、反省材料とか、悔しい思いとか、屈辱感とか、いろいろな感情の体験が
できたこと、今に生きています。そろそろ、また、受けてみようか、という気持ちになっている今日この頃です。以前よりも、野心なく、もっとピュアな心で歌えるのではないかな。それができたときに、合格できたら本望です。

ぎりぎりで受かったところで、実力は明白だし、何より、会費が高くなる・・・
知り合いの方に聞いたところ、会費は高くなるし、責任も重くなるんで、準会員のまま、という
選択をされている方もおられるようですね。

講習会が終わったあと、会の方とお話ししていて、3月2日の福山市のほうの二期会コンサートは出てねと、思いっきり、言われてしまいました。「出たいと言っていたよねえ。」

・・・言ってない。でも、出てといわれるとやっぱり出て歌いたいんですよね。というわけで、今月、9/23のあと、来年、1月郷の音、 2月 連盟、3月 中国二期会、
3月終わりか4月初め もしかしたら二期会会員オーディション、 6月 連盟 というスケジュールが出来上がりそうです。

こんなハードスケジュールで、質が落ちないようにしなきゃと今から、先を見据えてスケジュール管理です。来年は、勉強したいから休みたかったのですが、6月が終わるまでお預けですね。

講習会の内容は、今の私にとって、とてもグッドタイミングなことでした。またの機会に、
記載したいと思います。まあ、明日かあさって、忘れないうちに 


"中国二期会講習会に行ってきました。" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント