クリスマスコンサート続き

12月15日、お昼より、ある施設のクリスマスコンサートの演奏に向かいました。

かなり最近のお話だったので、受ける気はなかったのですが、持ちかけられた方が、日頃、
いい方だなあと思っている方で、その方ががんばろうとしているのが察せられたので、一緒に
がんばってあげようっ!なんて感じで受けちゃいました。

知的障害者の方々の施設で、正直、どんな顔をしていれば、どんな気持ちでいれば、誠意のある態度なのかなと、初めてのことなので、とまどいがありましたが、そんな不安は飛んでいってしまいました。

私も多少、成長したのでしょうね。みなさんの心の中が見えました。すごくかわいいなと思えてしまいました。

たとえば、玄関まで到着すると、誰が来たのか気になって、中から、生徒さん(というのかな)が、どこからともなく現れてくるのです。また、打ち合わせをするために部屋にいると、開いているドアごしに、生徒さんがうろうろ、ちらちらとこちらをうかがっては消え、また、やってくる。

何だか、おさない子供みたいでしょう?

40分のコンサートの終了後、施設の先生からお聞きすると、普段は30分じっとしていることが
できないのですって。でも、コンサートの間、じっとすわってらっしゃったし、知っている曲になると、口ずさんでいたりするのです。こういうところは、一般の子供さんより、純粋だなあ、まっすぐだなあ、すばらしい感受性だなあと思いました。

私たちって、ある程度、汚いものも見てきてお互い許容しあって生きている分、感性がすり減って感動できなくなっていたりするので、今回は心を洗ってもらった気がします。

また、こんな機会があったら、演奏しに行きたいな、と思えた日でした 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック